親指の使い方

親指を曲げる筋力をほとんど使わないで、親指を鉤状(かぎじょう)に保てる形があります。
この形を保持しながら、体幹からの力で押したり引いたりすることで、指が疲れにくくなり、深くまでほぐせるようにもなります。

Zoom緩鍛(かんたん)健康クラス

 

天城流湯治法 鬆身法師範
気功・太極拳/揺禅道 アクティクラブ 指導員
柔道整復師
やわら氣堂 主宰
奥田行孝