手を自覚(知る)

手はどのように体幹とつながっているのか?
捻るとどのようなエネルギーが生じるのか?

「基礎編 ③」では、「白猿献桃(はくえんけんとう)」「柳揺(りゅうよう)」という氣功体操と自己指圧法(セルフケア)や棒を使う錬棒術(れんぼうじゅつ)というエクササイズで身体を緩めながら動きを改善して、手の意識を高めていきます。

天城流鬆身法とは

手の捻りと連動

手は、腕の骨から肩甲骨、そして鎖骨、胸骨、肋骨、背骨に連結します。
捻ることで肘頭を下に向け、肩の余計な力みを取ります。
肩と肘が落ちることで、体幹から手に力を伝えやすくなり、手のパフォーマンスが向上します。

さしだす・かきわける・もぎる

白猿献桃(はくえんけんとう)という氣功体操は、「さしだす」「かきわける」「もぎる」といった動きをします。
ゆったりとした呼吸で緊張と緩和を用いて、身体の柔軟性を改善していきます。
また、呼吸と腕・体幹の動きを合わせることで、全身の連動性を高めていきます。

ふる・しなる・しだれる

柳揺(りゅうよう)という氣功体操は、「ふる」「しなる」「しだれる」といった動きをします。
背骨が「しなり」、腕が「しだれる」ことで手のつながりを体感します。

※天城流鬆身法 基礎編 ③では、手の意識にフォーカスしていますが、実際は「白猿献桃」も「柳揺」も全身の意識と連動が重要であり、計り知れないほどの「先人の智慧」が詰まっていますので、やりこむほどに様々な氣付きが得られます。

はがす・きる

氣功体操で自分の体の動きを確認してから、自己指圧法(セルフケア)で自分の身体をほぐすことで、身体をより動かしやすくしていきます。

金星丘や合谷、胸や肩甲骨、など、骨に癒着してしまっている筋肉やスジを「はがす」ようにして緩めます。

胸骨の部分を爪先「きる」ように刺激することで、胸を開きやすくします。

動きを改善するだけでなく、肩や肘の痛みの改善にもつながります。

肋骨と肋骨の間が緩むと内臓のストレスが緩和し、お腹も柔らかくなります。

背骨を錬(ね)り動かす

錬棒術(れんぼうじゅつ)という棒を使ったエクササイズでは、普段あまり動かせていない部分の背骨を動かすことができます。

自力では意識的に動かすことができなくても、棒を使うことで背骨の捻りを誘導してくれます。
普段あまり動かさないところなので、なんとも言えない氣持ち良さがあります。

体幹の可動域と操作性を改善できるので「基礎編 ⑤⑥」の体幹操作(たいかんそうさ)の養成にもなります。

ビフォーアフターの体感が重要

「基礎編 ③」では、『手を自覚(知る)』というコンセプトなので、まずは手の操作性の変化を体感することが重要ですが・・・

他にも、呼吸、姿勢、重心などなど、様々な変化を体感することができると思います。
変化があると身体との対話もしやすくなるので、より深い内観をしやすくなります。

短時間でパフォーマンスアップ

白猿献桃と柳揺は短時間で体幹と手の連動性を高めることが可能です。
錬棒術(れんぼうじゅつ)は、ちょっとした休憩やトイレのついでにでも、肩甲骨や背骨を簡単に緩めることができるので短時間でリフレッシュできます。

錬棒術で使う棒は、室内やオフィスで行う場合は「長さ90~135cm・太さ2.5cm」くらいなら周囲にぶつけることもないので扱いやすいですし、ホームセンターでも買えます。
※天城流鬆身法セミナーでは、棒の「当日販売」「レンタル」も行っています。

セミナー資料の配布

当日に、エクササイズで意識することやセルフケアを説明した画像つきの資料を配布いたしますので、セミナー中に完璧に覚えれなくても大丈夫です。
※セミナー資料のコピー・転載、セミナーの録画・録音は禁止とさせていただきます。

セミナー講師


奥田 行孝(おくだ ゆきたか)

天城流湯治法 鬆身法 学士
気功・太極拳/揺禅道 アクティクラブ指導員
関西天城流自主練ひよこ会副会長
柔道整復師
やわら氣堂 主宰

空手、日本拳法、ブラジリアン柔術を学び、首の負傷が元で太極拳を学ぶ。
スポーツジムインストラクターや接骨院勤務、デイサービスでの機能訓練士を経験し、やわら氣堂として独立。
天城流湯治法の身体哲学と武術から身体操法の可能性を探求している。

天城流湯治法の書籍

肩・腰・ヒザの痛みやコリの手当法

 

からだの痛みはもちろん
「呼吸」「疾病」「うつ」「不妊」
様々な悩みに対応するメンテナンス法

 


ワークショップ&セミナー

お問合せ

 

天城流湯治法 鬆身法 学士
気功・太極拳/揺禅道アクティクラブ 指導員
やわら氣堂 主宰 奥田行孝